葬儀の場での服装のマナー

社会人として冠婚葬祭における知識を持っているのは常識とされます。結婚や節目となるお祝い事に関することはもちろんですが葬儀でも常識の有無が問われます。故人やその親族・関係者に対して失礼のないよう弔意を表すことが大切です。服装のマナーも心得ておきたいものです。通夜や葬儀では「黒い服」とだけしか知らないのは困ります。喪服としては黒の略礼服が主流となっています。男性は黒のスーツで中は白いシャツに黒い無地のネクタイをします。靴は金具の付いていない黒の革靴を履きます。髪は清潔感のある髪型に整えるのがよいでしょう。女性は黒のワンピースやアンサンブル、スーツなどです。夏場でも肌の露出が多くならないようワンピースなどは袖が五分丈はあるものを選びます。黒いストッキングに黒いパンプスを履きます。その際金具の付いているものや光沢のある靴は避けます。髪が長い場合はすっきりとまとめ、化粧は極薄めにします。男女とも結婚指輪程度のアクセサリーや女性の1連のパールのネックレスなら着けても大丈夫です。

Copyright©冠婚葬祭 喪服 All Rights Reserved.

冠婚葬祭 喪服